鞄本能率協会マネジメントセンターより、

『やさしいイラスト図解 第2種電気工事士試験に合格する本』

が出版されました。





<正 誤 表>



 以下のページについて、誤植、間違いがありましたので訂正いただきます様お願いいたします。

ページ <誤> <正> <摘 要>
57 Wを消してください
73 0番の記号に切り替え端子を加えてください
74  B−3図
 ランプレセプタクルの下の横線は貫通しません

線の色:R(W)ではなく、R(B)です。 
75 3−4 ⇒ 3 − 4 3 − 4  ⇒  3 − 2  下から2行目
切り替わりが違っています 
77 上右側図
同時点滅の極性が違います
110  左上図
 垂直方向の長さ150mmが抜けています
188 より線の太さ:
公称断面積(mm2)X(素線直径/2)2 x(素線)
より線の太さ:
公称断面積(mm2)=
(素線直径/2)2 X 3.14 X(素線数)
上から8行目
公表断面積= になります
π(3.14)が抜けています 
203 水力発電設備 10KW未満
太陽電池発電設備 20KW未満
水力発電設備 20KW未満
太陽電池発電設備 50KW未満
(総計50KW未満)
 下から7行目
10.6.30法令改正による
12.7.2法令改正による
218 漏電遮断器 過電流遮断器 上から2行目
218 A15以下の過電流遮断器
A20配線用遮断器
15A以下の過電流遮断器
20Aの配線用遮断器
<母屋>図内説明部分
219 A15以下の過電流遮断器
A20配線用遮断器
15A以下の過電流遮断器
20Aの配線用遮断器
<屋内>図内説明部分
222 15m以下 1.5m以下 7行目の図
合成樹脂管工事の図表示
224 0.6m、土冠。 0.6mの土冠。 上から2行目
229 上から2行目
231 1(KWh)=1J
1(KWh)=3600KJ
1(Ws) =1J
1(KWh)=3600KJ
B熱量の式1行目
234 下から6行目
ルートの中の記号が違います
ルートが2行になっています
237 電流=√3 x相電流 線電流=√3 x相電流 下から2行目
241 絶縁電線の許容電流
2.0mm : 34A
絶縁電線の許容電流
2.0mm : 35A
表の許容電流の数値が違います
245 細い幹線を保護するための過電流遮断機を省略できます。 細い幹線を保護するための過電流遮断機の設置位置(通常3m)を変更できます。 上から3行目
(ページ下枠内表記を参照)
246 @が50A以下のとき
 幹線の太さ Iw=1.1X@ + A
Aが50A以上のとき
幹線の太さ Iw=1.25X@ + A
 @が50A以下のとき
 幹線の太さ Iw=1.25X@ + A
@が50A以上のとき
幹線の太さ Iw=1.1X@ + A
中段幹線の太さの式が上下逆に
また両方とも@が
@とAになっています


 *115ページの図がわかりにくくなっておりますので、簡単に図解しておきます。